1人で子育てをする不安

一人で子育てをしていくうちに、
やがて毎日の生活の中で出会いがあり
これからの人生を新しいパートナーと一緒に歩みたいと
思うこともあるかもしれません。

 

ステップファミリーという言葉をご存じでしょうか。
繋がりのない間柄が、再婚などによって親子になることです。

 

いろいろな事情で離婚を経験した場合は特に、
理由はどうあれ、結婚がうまくいかなかったために自分に自信が持てず
新しい相手との生活に、なかなか踏ん切りがつかない人もいるでしょう。

 

相手を傷つけてしまわないかが心配で
ずっと自分の素を出せずにいる傾向が多いようです。

 

相手を信じられなくなってしまい
自分でも気づかないうちに我慢しすぎてしまって
やがて無理が生じ、別れにつながる場合があります。

 

大切なのは、愛されたいと求めるより
無理なく自然のままにパートナーを愛し
一緒に生きていこうと決意することです。

 

親と子での関係はもちろんの事
恋愛関係においても、
人が相互に助け合う関係は必要なことです。

 

自分とパートナーともに与え、与えられるものがあり
そのうえで両方が同じ価値観を感じていることが最も大切な事です。

 

そうした平等な関係が築けていさえすれば
うまく付き合っていくことができます。

 

また、人間というものは
少し我慢を強いられても、相手が幸せになり
またそれを自分もシェアできれば満たされるもの。

 

人と人との交流とは
人間が生きていくために必要不可欠なものです。
円滑な関係を築けるかが、あなたの人生において
幸せの要素となります。

 

新たなパートナーと子供との関係は
デリケートでいてとても肝心なことで、
理想の関係のひとつなのは、、
実際の親よりも、新しいパートナーになついていること。

 

血縁関係のないパートナーがそれを自覚し
慕われる関係を築くため、子供も一緒にいい関係を保てるように
精いっぱい努力した結果、そのようなゆるぎない間柄が形成できるのです。

 

こうした、親の自覚や努力がありさえすれば
時とともに家族としてのきずなを築くこともできるでしょう。